この共通情報記号枠組みの目標

ここで提案する新しい情報季語枠組みの目標は以下のとおりです。

  1. 自然で汎用性のある仕組みにして以下の用なものの記号化に対処できる。
    1. 文字
    2. 記号になっていない、二進法のままの情報
    3. その他?
  2. 解剖がほぼ真っ直ぐで進む仕組み。
    1. 記号点はなるべく、似たものと一緒に組み合わさる。
    2. 似た形によってだます手品を避ける方法を提供する。
    3. 単純でバランスあるバイト状の圧縮仕組みに傾ける。
  3. 汎用対応。
    1. なるべく全ての言語を含む。
    2. 異なる言語の類似した文字に互換性を持たす。
    3. 既存の記号化された情報を埋め込む仕組みを持たす。
    4. 自然に拡張できる仕組みを持たす。

大きい目標になっているのは意識しております。賢い人はここまでやろうと思わないでしょう。覚悟しております。ボクにはちょっと頑固なところあるようです。

reiisi について

Joel Rees is a sometimes English teacher and sometimes programmer working and living with his family in Japan. ジョエルリースという者は場合によって英語講師、場合によってプログラマです。家族と共に日本に住んでいて、日本で仕事をしています。 You can find some of my projects at ボクのプロジェクトのいくらかを http://sourceforge.net/users/reiisi and 及び http://sourceforge.jp/users/reiisi/ にてご覧いただけます。
カテゴリー: Common Information Encoding Scheme -- 情報記号枠組み パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です