Both Feet on the Rock — 両足を岩に

Okay, playing with a program that only says one thing is not all that exciting. Let’s see what ways we can make this more interesting.
分かった。一つのことしか言えないプログラムで戯れをするのはそれほど盛り上がらない。もっと面白いことできるはずです。何かできませんか?

Hmm. Well, computers are supposed to do math, right? Okay, let’s make it do some math. Replace the
エエット、まあ、コンピュータは算数が達者でしたね。よし。算数をさせてみましょう。

puts( “Got my feet on the rock!” );
puts( “足を岩に乗せたよ!” );

と言う文を

with

printf( “Got %d feet on the rock!\n”, 1 + 1 );
printf( “%d 本の足を岩に乗せたよ!\n”, 1 + 1 );

で置き換えましょう。

I’ll explain later, but save it as “foothold2.c” (or, “feethold.c”?;-) and compile and run it with
また後で説明しますが、”foothold2j.c” というファイル名で保存しましょう。 (んん、 “feetholdj.c” でもいい?;-) そしてコンパイルして稼働させるのは

cc -Wall -o foothold2 foothold2.c
./foothold2

(For the Japanese version:)(日本語の場合は)

cc -Wall -o foothold2j foothold2j.c
./foothold2j

Now that’s pretty cool, isn’t it?
格好エエではありませんでしょう?

Well, true, it’s not exactly a moonlaunch, but it’s getting ever-so-slightly more interesting, isn’t it? No?
そおか。正に月を目がけたロケットの打ち上げではないのですが、微妙に面白くなったのではないですか? 違いますか?

Well, let’s explain it anyway.
さて、オモロウ無いにしても、説明しましょう。

Where puts() outputs a simple string of text, fprintf() allows some simple formatting.
puts() の場合は単純の文字羅列を出しますが、 fprintf() にすると簡単な程度で形式を作ることができます。

In this case, the “%d” part is where the numeric result is inserted.
今の例文では、 “%d” のところは数値的結果が差し込まれるところです。

“\n” tells printf() to end the current line and start a new one.
“\n” は、 printf() にこの行を終わらせて、新しい行を開始するように指示します。MSウィンドーズ上ではちょっとややこしいことがあって、これは半角の「¥」文字で表示されることがあります。この話は今は勘弁してください。

I’ll tell you about arguments and parameters later, but, after the comma comes the math.
また今度引数や議論ではなく、エエッと、母数については後で話しますが、コンマの後は算数の計算がきます。

So, how about trying some more math. “+” is for addition, “-” is for subtraction, “*” for multiplication, and “/” for division. And don’t forget to re-compile and run it.
では、他の算数をやってみるのはいかがですか?「+」は足し算、「-」は引き算、「*」は掛け算ですし、「/」は割り算です。コンパイル・稼働の手順を忘れないでください。

And, yeah, I’ll have to tell you how to make decimal points work next time.
はい、次回は小数点を利用可能にするやり方について話しましょう。

 

reiisi について

Joel Rees is a sometimes English teacher and sometimes programmer working and living with his family in Japan. ジョエルリースという者は場合によって英語講師、場合によってプログラマです。家族と共に日本に住んでいて、日本で仕事をしています。 You can find some of my projects at ボクのプロジェクトのいくらかを http://sourceforge.net/users/reiisi and 及び http://sourceforge.jp/users/reiisi/ にてご覧いただけます。
カテゴリー: C Primer, Computer Languages, Computer Programming, Computers パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です